自分を大切にする心理学

あるがままに私を受けとめる、ということ。

こんばんは、野村香英です。

どうしてもうまくいかないな、
なんだか気分が優れないな、
うまく立ち直ることできないな、

そんな時ってありますか?

私はどうも敏感なタチなので、
季節の変わり目は体調や気分にも現れやすいのですが、

なんだか停滞気味のときや
元気がでないときは

無理に前に進もうとせず、
あるがままに私を受けとめることが大切。

007MIZUHO171010_TP_V

季節に春夏秋冬があるように、

人生の中でも
厳しい冬のときもあれば明るい夏のときもあります。

冬のときに
「前を向いて頑張って進もう!!」
と意気込んでも、

それは自分を追い込んでしまう結果に
つながってしまいがち。

ここで必死に前を向こうとすればするほど、
もがいてしまって沼にハマってしまいます。

そんな冬の時にできることは、

とにかく
「あるがまま」の自分を
受け入れていくこと
だと思うんです。

頑張って前に進もうと意気込むのではなく、
無理やり元気を出そうとするのではなく、

ただ元気がでない自分を認めるだけ。

「今は元気でないよね」って。

「今は前に進む力がでないね」って。

「あるがまま」自分を受けとめるって、

究極に自分の味方でいること一緒だと思うんです。

自分の味方でいるってことは、
自分を大事にするっていうことです。

だって自分が何を乗り越えてきて
何を頑張って生きてきたのか、

一番心底わかってあげられるのは自分だから。

私がいつもクライアントさんにお伝えするのが、

「自分が自分の味方になれるように
チャレンジしていきましょうね」

ということ。

自己破壊的な攻撃のエネルギーを
自分へと向け続けてしまうと

恋愛も仕事も、
人間関係も
はたまた生きることも

全部うまく回っていかなくなります。

ただ、

あるがままに自分をうけとめる。

私もそうでありたいし、
そう願う人のサポートができれば幸いです。

あるがままの自分を受けとめることができれば、

また自然と冬の時代が終わって
春が早くにやってきます。必ず。

 

お知らせ

直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
東京のカウンセリングルームにて伺います。
ご予約お待ちしております。
3/17(土) 10時〜←残り1枠です
3/18(日) 10時〜・13時〜・16時〜
3/21(水・祝)    10時〜・13時〜・16時〜

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。