自分を大切にする心理学

嫉妬される心理〜攻撃的なエネルギーをどう回避するか〜

こんばんは、野村香英です。

人間の深層心理に
「幸せになる怖れ」があると言われています。

頭では「幸せになりたい!」っていくら思ってても、
肝心の心の深いところでは
「幸せになりたくない」と思っていることが多々あります。

そのジレンマから、
幸せを無意識の内に自らが遠ざけてしまうケースは
とても多くあるものなのですが、

なぜ幸せになりたくないと思っているのかというと、
「嫉妬されるのが怖いから」と感じている人は多いもの。

さて、今日はこの「嫉妬される心理」と
その対処法についてレクチャーしたいと思います。

嫉妬という攻撃的なエネルギーについて

あなたは誰かから嫉妬されたことありますか?
または嫉妬したことがあるでしょうか?

嫉妬の感情って、受ける方も感じる方も
どよーんと重くて暗い感じがして
とてもしんどくなる感情の一つでもありますよね。

私のクライアントさんの話を聴いていても、
「それ、嫉妬の攻撃だよね」
と思うこと、本当によくあります。

同僚や上司からの嫌味、
他人からの悪口攻撃、
誰かがあなたのことを○○と言っていたよ等の必要ない報告。

心優しい人は例え嫉妬の攻撃をされていても、
「私に悪いところがあったんじゃないか」
って自分を責めたり罪悪感を抱くこともあるのですが、
その必要はないのですよ。

嫉妬心は攻撃的なエネルギーでもありますが、
他人にその攻撃を向けているのは相手の問題ですからね。

相手の問題を自分の問題として勝手に背負わないこと。

「さっき嫉妬の攻撃をアタックされたけど、これはあの人の問題だ」
って、バウンダリー(人と自分の間にある境界線のこと)を意識して、ちゃんと線引きしていきましょうね。

なぜ嫉妬の感情が生まれるのか

心理的に「向上心のある人は嫉妬心が湧きにくい」と言われています。

自分が欲しいと思っているものを持っている相手に対して、

「羨ましいな」
「私もそうなりたい!」
「私も手に入れたいな」

と前向きに捉えることができれば、
嫉妬心にはつながらないんですよね。

また心の中に、

「私ならきっと大丈夫」
「今は手に入れてないけど、私もいつかは手に入れたいな」

という自己愛や自己肯定感のような気持ちがあると、
嫉妬を相手にぶつけるような攻撃には繋がりません。

逆に言うと、
「私には手に入れられない!」
「私は無理だ!」
「どうせ私はできないわ」
と自分を呪っている分だけ、自分を嫌っている分だけ、嫉妬が湧きやすくなります。

他人に対するダークな嫉妬心を抱いてしまうときは、
「自分のことを愛しているのか」
「自分を大切にできているか」
今一度、心と向き合うチャンスでもあるのです。

実はあなた自身が、魅力や価値を箱から出せていないのかも

さてさて、そうは言っても、
やっぱり嫉妬の攻撃的なエネルギーは
できれば喰らいたくないと思いますよね。

心理的観点からすると、

嫉妬の攻撃を受けやすい=自分の魅力や価値を受け取っていない

ということがあります。

自分の魅力や価値を箱から出さずに閉まっているのと同じで、
自分なんて大したもんではない
自分なんてちっぽけだ
と思っていれば思っているほど、嫉妬の攻撃を喰らいやすいのです。

 

私の例で話そうと思いますが、
AさんとBさんと私の3人でしゃべっていることがありました。

あの人が今こんなことをしてる
今あの人はこうなって失敗してるらしい、成功してるみたい

等、正直私にとっては興味のない噂話だったので聞き流していたのですが、
その時にAさんから、

「あなたって本当に周りの動きに鈍いよね〜」
「だから○○なんだよ〜」←何だったか詳しく忘れたw

みたいなことを何回か言われました。

私は「その通りでーす!」とか言って、3人で大爆笑していましたが、後からその場にいたBさんに「ちょいちょいディスられてたけど大丈夫だった?嫉妬されてたよ」と言われました。

私自身は、それが攻撃されているとか嫉妬されていると受け取ってなかったので、これまた爆笑して終わりました。

私は人の噂話であの人がこうなったとか、
あの人はどうだとか、言うのは好きではありません。

「そんなところが私の魅力で良いところ」

と普段から感じて受けとっているので、
嫉妬のエネルギーをうまーくかわすことが出来た、という話です。

 

自分の価値や魅力を受けとっていない分だけ、
嫉妬の攻撃に敏感になっていまします。

つまりは、
価値や魅力を受けとっていない=「自分はちっぽけだ」と感じることになるので、「ちっぽけな私は攻撃されるにふさわしい」と心の奥で反応してしまうんですよね。

嫉妬の攻撃に疲れてしまっている人、
嫉妬されやすくて困っている人、

自分の自己価値を低く捉えていませんか?
自分にはあんまり魅力がないって思っていませんか?

もしそう感じているのだとしたら、
嫉妬されるという出来事は

「もっと自分を愛しなさい」「もっと自分を大切にしなさい」

ということを回り回って教えてくれているのかもしれませんよ。

嫉妬の攻撃を受けない私になるために

嫉妬の攻撃は受けるとダメージも強いですが、

よく嫉妬される=あなたにどれくらい魅力があるのか

ということを教えてくれています。

反対に言い換えれば、
自分の魅力や価値を受け取らない限りは
嫉妬の攻撃を喰らうことも必然的に多くなる、ということ。

だからこそ、
自分の価値や魅力をちゃんと受け取り
セルフイメージを上げたり自己肯定感を育むことって
とっても大事なことだと私は思います。

自分を愛したり
自分を大切にできていると、

例え嫉妬の攻撃を向けられても
「攻撃を受け取らない」という選択ができるようになりますから

自分の心と向き合うことで、
自己価値の向上と魅力の解放のお手伝いができれば嬉しいです。

いつも応援していますね。

 

お知らせ
直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
・オンラインシステムのZOOM
・東京のカウンセリングルームでの対面
どちらかをお選びいただけます。ご予約お待ちしております。
4/11(日) 全てご予約済みです
4/14(水) 全てご予約済みです
4/18(日) 13時〜 ←残り1枠です。

他の日の予約状況につきましてはスケジュールをご確認ください。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。