男女関係の心理

【恋愛心理】2人の愛が冷めないために大切なこと。

男性と女性って見た目も違いますが、
考え方(思考)も感じ方もまるで違うと言われています。

そんな全く違う男女の2人が
結婚して何十年も一緒にいるのは、ある意味奇跡のようなもの。
だって死ぬまで一緒にいることを考えると、
50年くらい(約半世紀!)共にする夫婦もいるんですもの~。。

そんな長い間一緒に生きていくなら、
冷めきった関係より
2人の愛が冷めない、仲が良い関係の方が良いですよね。

今日は2人が末永くラブラブでいられるよう、
秘訣を1つ公開します!

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

こんにちは、野村香英です

さっきも言いましたが、男と女じゃ違うことばかりです。
まるで違う星から来たんじゃないかって思うくらい、違う。

一般的に、男性に比べると女性は感情的といわれています。
(男性は思考的、理論的です)
女性の方が喜怒哀楽の表現が上手なんですね。
対人関係のコミュニケーションも女性の方が上手。

それは何故かというと、
小さい頃から女の子は『人間関係について』学ぶから。
物心ついた頃から、おままごとしたり恋愛漫画を読んだりしますよね。
人間がコミュニティの中でどう関わっていくか、自然と学んでいるんですよ。

反対に男の子は、幼い頃はヒーローごっこや戦隊ものに夢中。
恋愛がどうとか全然興味なし!
先日も小学校低学年の男の子が『う○こ!』とか言って大笑いしているのを、
女の子が軽蔑に近いシラケた目で見ているというシュールな場面に遭遇しました(笑)

まぁそんな様に、女性の方が生まれつき感情を大切にし生きているのですが、
感情過多になりすぎて
パートナーをコントロールしてしまうこともしばしば。

心当たりありませんか?

…彼に対して『どうして○○してくれないの!』と感情的に怒ったり。
…夫に対して『こうじゃなきゃヤダ!』と火を噴いたり。
…パートナーが反論してくるようだったら、感情的にキレ返したり。

結構みなさん心当たりあるのではないでしょうか?!
一緒にいる年数が長いほど、遠慮がないので
感情的になってしまう傾向があるようです。

怒ったりケンカしたりする事は悪い事ではないのですが、
『感情的に怒る・感情的に相手を責める』のも度合が過ぎるとお互い消耗します。疲れます。嫌になります。
このやり方が続けば続くほど、
残念なことに2人の愛が冷めていくのです。

2人の愛が冷めないために大切なこと。
それは、決して感情的になってはいけません!という話しではありません。

大切なのは
『感情的になって相手をコントロールしないこと』
です。

どうしてかと言うと、
相手を感情的の怒ったり責めたりして『○○じゃないとイヤ!』と
自分のやり方を押し付けコントロールすると、
相手は従ってくれるかもしれません。

あなたのやり方を優先してくれるかもしれません。
(内心は嫌々かもしれないけど)

あなたのやり方に合わせる彼になってくれるかもしれません。
(怒られたり責められたりするのが怖くて)

ですが、そうすると彼の魅力が半減していくんですよ。

従ってくれたり、優先してくれたり、あなたのやり方に合わせてくれたり、
最初は良いかもしれませんが、
コントロールした度合だけ彼の本来の『良さ(魅力)』も消えていくんです。
それはあなた色に染まっていくから。
違う人種で違う性格で違うところがあって、そこに魅かれたはずなのに、
あなた色に染まっていくと面白くなくなるんです。
個性がなくなって芯がない人に見えちゃうんですよ。

そしてその内あなたはこう怒りだします。
『私ばっかり物事を決めていて、彼って全然しっかりしていない!』と。
…これじゃ本末転倒ですよね。

***

でも何だかんだ言っても、
感情的になってコントロールしてしまうこと、私もあります!
(自慢できないですが笑)

抑えきれない感情がでてきて相手にぶつけてしまうこと、ありますよね。

夫じゃなくて、お子さんに対して感情的にコントロールしてしまう…
と悩んでいるお母さまの多いはずです。

でもね。
毎回毎回理解のある良き妻であり、良き母である必要はないんです。
そんなことしてると疲れますから。

うまくいかない日もあって良い。
感情的になる日だって、間違えてしまう日もある。
だけど、感情的にコントロールしてしまった時は、
時間が経って冷静になってからで良いので、
『あの時はごめんね』と必ずフォローを入れること。

それだけで随分違います!
親しき仲にも礼儀あり、です。
素直な『ごめんね』は全てを水に流しますから。

私のカウンセリングでは
素直に伝えるコミュニケーションの『コツ』をお伝えしたり
時には一緒に練習することもあるんですが、
言葉にするようになっただけで親子関係・夫婦関係が劇的に変化した方も多いんですよ

そして、元々好き合って魅かれ合って一緒になった相手ですから、
彼そのものの魅力は誰よりもあなたが知っているはずなんです。
はっきり言うと忘れているだけです。

優しかった彼、
笑顔がステキだった彼、
どんなところに魅かれたんでしょうか?

この機会に昔の写真を見てみると記憶が蘇るかもしれません
彼本来の魅力や良さを思い出してくださいね。

2人の愛が冷めないために、
相手をコントロールするよりも、相手を自由にしてあげてくださいね。
その方が彼は輝いて素敵な男性になりますよ!

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。