お客様からのご感想

【カウンセリングの現場から】お客様のご感想(1)

いつもblogを読んでいただき、ありがとうございます。
野村香英です。

今回は、私の面談カウンセリングや電話カウンセリングを去年から何度か受けてくださっているKさんより、ご感想を頂きましたのでご紹介させていただきます。

Kさんの素晴らしいところは、私がいつもカウンセリングの度に出す宿題に対して、真摯に自分と向き合いながら宿題をやってくださったところ!!
正直めんどくさい宿題も出したこともあったかと思います(笑)。
自分と向き合うことって、簡単なようで難しいですからね。
しかしKさんは、いつも素直に一生懸命課題に取り組んでくださいました。

『自分が幸せになることを心から許可する』ことができると、現実も変わっていきます。
その姿を見せてくれたのが彼女でした。

先日「最初に面談に来た頃と今とでは全然違うね~」なんて2人で話していましたが、Kさんは以前と比べて輝きが随分増したように感じています!

女性としても美しくなられたな~と感じます。

幸せになることを諦めなかったからこそ、少しずつ変化されたKさんからのご感想です。
※少し編集している部分もありますが、ほぼ原文のままです。

***
(Kさん・女性)

カウンセリングを受ける以前の私は、私を大事にしない人とのパートナーシップから抜け出せずにもがき苦しみ、うまくいかない人生のパターンを繰り返して、自分の人生にも自分自身にもうんざりしていました。

 

野村さんの印象は、私より若く明るく、快活で楽しそうに見えて、私の暗い生活とは何のリンクもしないように見えました。
ところが、私の目を見たとたん「感情を寸止めしているね」と言いました。
そんなつもりはなかったのですが、その言葉は何か深く私の心に触れるものがあったのです。

 

最初は興味半分で野村さんのカウンセリングを受けました。
カウンセリングでの野村さんは、強く大きく熱いエネルギーで、堂々としていて、そして優しく繊細で、私はすっかり自分を委ねてみようという気持ちになりました。
心というのは年齢は関係ないのだと実感した瞬間でした。

 

それからの私は野村さんに手を取られて、自分の心の底へ一歩一歩降りて行くような体験をしました。

 

中でも中絶の体験について扱ってもらったことは大きなことでした。
まさかそれが、自分のその後の人生に影響を与えているとは、自分でも思っていませんでした。
もう何年も経っているし、どうにもならなかったのだし、忘れていたし、忘れたかったことで、誰にも話したことはなく、カウンセラーにすら話そうと思っていなかったことでした。
でも、自然に打ち明けてしまったのです。

 

野村さんには、母親にもしてもらったことがないことをしてもらいました。
私をなぐさめ励ますだけでなく、私の罪悪感の象徴である子供を、私の絶対的な味方にしてくれたのです。

 

それからの私は、何か迷うことがあると、いつも心の中の子供に相談します。
その子は天使のように深い愛情で、いつも私を見守り、応援してくれます。

 

自分でも気づかない間に、自分を苦しめていた心の傷が、1つ1つ宝物に変わっていくと、不思議なことに、現実の生活で起きる1つ1つが変わっていきます。
いつも私を支配していた不安感が、少しづつ、安心感に変わっていきました。

 

野村さんの魅力は、その強いエネルギーと輝く直観力です。
カウンセリングを受ける時、自分はただ心を開いて任せているだけで、その綺麗なエネルギーを交歓してもらえます。
彼女は絶対にあきらめずにエネルギーを送り続けてくれます。

 

今、私は「自分はもっともっと幸せになっていいんだ」と思えるようになりました。

ありがとうございます。

***

Kさん、ご感想をありがとうございました。
もっともっと幸せになるように、これからも応援していきますね。

またご感想の中で、中絶のことに関しても触れてくださっていますが、今や日本の女性の6人に1人が中絶経験がある、といわれています。
以前に中絶の事に関して記事を書きましたが(記事はこちらから→ ☆ )、中絶後の苦しみや罪悪感で私のカウンセリングを受けにこられる方も多々いらっしゃいます。

中絶を経験した方は強い罪悪感をもっていらっしゃることも少なくありません。
個人差はありますが、時間が経ってから傷が痛みだすこともありますし、同じ季節が巡ってくると辛くなる方もいらっしゃいます。
気軽に人に言えないタブー感ももちろんありますので、誰にも言わずに1人で苦しんでいる方もおられることでしょう。

私は思うんです。
「喜んで中絶した人なんてこの世にいないんじゃないか」と。

良いか悪いかの判断ではなくて、その心の傷を1人で抱えてほしくないと思っています。

中絶のことに関する書籍を探した時期があったのですが、とても少ないんです。
良いか悪いか善か悪か書かれた本はいっぱいあるのですが、傷ついた女性の身体と心を癒す本は滅多にありませんでした。(外国の書籍はあるのですが絶版になっていたり…)
それぐらい、特に日本ではタブーとされている事なんだなと実感した次第です。

私は、罪悪感という荷物を1つでも降ろすことができるようなお手伝いがしたいと心から思っています。
どんな過去があれ、幸せになってはいけないというような事はありません。

もしあなたが。
中絶のことに関して苦しんでいらっしゃるのであれば、少し勇気は要ると思いますが、お話しを聴かせていただければと思います。

1人でも多くの女性が幸せになることを心から祈っています。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。