自分を大切にする心理学

壁にぶつかって前に進めない、そんな時に大切なこと。

こんばんは、野村香英です。

最近毎日暑いですよねー。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

ここ最近、
ちょっとガッカリすることや
何だかモヤモヤすることが多々あって

少々抜け殻のような感じになったりしていたのですが(笑)、

こうやって悩める日も
嬉しい日も
小さな幸せを感じる日も

全部私だから大切にしてあげたいな、

そう思って何だか愛おしい気持ちになっています。

生きていたら色んなことがあります。
壁もあります。
もがいても前に進めないと思うこともあります。

今日は
そんな時に大切なことを書きたいと思います。

chime-2336182_1920

壁にぶつかって前に進めないと感じているときって、
本当に苦しいですよね。

もがいてももがいても
出口が見えないような感じもするし、

ずっとこのしんどい状況が続くような気もして、

何ならずっと寝ていたいと思う人もいるだろうし、

他人が楽そうで幸せそうで輝いて見えて
羨ましく感じる人もいるでしょう。

実は、

壁にぶつかってしまって
苦しい気持ちになっているとき、

多くの人は自分を攻撃しています。

気付いていないかもしれませんが、
あなたの思考はエゴにまみれている状態です。

「他の人ならもっと上手くやるのに」

「私がダメだから上手くいっていないんだ‥」

「私が悪いからこうなっている」

そんな風に、
自分に沢山心無い言葉をかけているはずです。

壁にぶつかっているだけでも大変なのに、

その上更に自己攻撃や自己いじめが
追い討ちとなって
更に自分を苦しめてしまう。

その自己攻撃や自己いじめ、
自分にかけている言葉が

自分のパワーやエネルギーを奪ってしまって
壁を超える勇気を失ってしまっている人も多いものです。

人が一番傷つくこと、
それは自分からの攻撃です。

もちろん第三者からの攻撃で傷つくこともありますが、

自分への心無い言葉によって
パワーをどんどん失っていきます。

壁にぶつかった時、

「だから私はダメなんだ」

そう思ってしまいがちですが、

どうかそんな心無い言葉を
自分にあまり向けてあげないでほしいと思います。

壁にぶつかっても

今日という日を生きようとしていること、

今日1日仕事に行っていること、

今日最低限のやることだけやっていること、

それだけで私は素晴らしいと思います。

「私、頑張っているね」

そう自分に少し声をかけてあげてください。

自分を責めるのではなく、

壁にぶつかってもがいている自分を
ちょっとだけ抱きしめてあげてください。

冒頭に書きましたが、
私も最近何だかなーと思うことが多く、

危うく自分を責めてしまいそうでしたが、

「うんうん、私なりによくやってるよ」

そう言って自分を抱きしめるイメージを持つと
何だかとても愛おしい気持ちに変化しました。

壁にぶつかって前に進めそうにない時ほど、

自分に優しさを与えることって
本当に大事なことです。

鞭ばかり打っていると
ただ痛いだけで
前になんて絶対進めません。

壁にぶつかっている自分を
優しく包みこむような、
そんなイメージができると

その内またエネルギーが回復して
壁も超えられる勇気が湧いてきます。

どうか、

壁にぶつかっているときこそ
自分に優しさをあげましょうね。

自分に優しくするということは
怠けることでも我儘でもありません。

自分を、
自分の心を大切にするということです。

でもどうしても
自分を攻撃してしまうとか、
もがいてばかりいて辛いという人がいれば、

私と一緒に
自分の心を優しく扱うことに
チャレンジしていきましょうね。

自分に優しさをもつことができれば
必ず良い変化が起こります。

お気軽にお話しを聴かせていただけると幸いです。
いつも応援していますね。

IMG_4803
↑先日、自分の誕生日に大好きな神社に行きました〜。
神社って何であんなに良い香りがするんだろう。

お知らせ

直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
・オンラインシステムのZOOM
・東京のカウンセリングルームでの対面
どちらかをお選びいただけます。ご予約お待ちしております。
8/14(金) 13時〜 ←残り1枠です
8/16(日) 10時〜・13時〜・16時〜
8/19(水)    10時〜・13時〜
カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。