自分を大切にする心理学

心の中のグレートマザーが子育てや人間関係を苦しめる要因になる?

こんばんは、野村香英です。

子育てがしんどくてしんどくてたまらない‥

人間関係でいつも
行き詰まりを感じてしまう‥

そう感じる原因としては
様々なケースがあるので

実際に話しをよく伺わないと
「これ!」
と一概に解決方法を断言できないのですが、

今日は
人の心の中に住んでいる

『グレートマザー』

に焦点を当ててお話ししてみたいと思います。

paper-1100254_1920

グレートマザーとは
言葉の通り、

「とても優れた母」を指します。

この「とても優れた母」が
あなたの子育てや
人間関係を苦しめる要因になっているかも‥

というお話しです。

まず、
子育てにおいて。

子育てって本当に一筋縄じゃいなかいですよね。

私も現在3歳児と0歳児を育児中の
新米母をやっていますが、
毎日てんてこ舞いです(笑)

正直、笑えない日もあります。

本当に気分が落ち込んでいるときは、
私の心の中にいるグレートマザーが顔をだして

「私はいいお母さんじゃない」

と思うようなこともあります。

子育て中に置いて
グレートマザーとは、

あなた自身が
勝手に作り上げた理想のお母さん像

だと思ってください。

機嫌が良くて明るくて笑顔いっぱいで
子育てを超楽しんでいて、
それでもって家事もできて夫にも優しくて
その他の人にもいつも優しくて‥

そんなグレートマザーである
「理想のお母さん像」は
自己嫌悪に陥ったときに
心の中からニョキニョキと出現してきます。

そしてグレートマザーと自分を比較しては落ち込み、
子どもに申し訳ない気持ちになり、
罪悪感が強くなり、

『私は良いお母さんではない』

と思い込み、
どんどんしんどくなっていくのです。

この場合、自分の母親に
「本当はこうして欲しかったのに」
という昔のニーズが姿を変えて

グレートマザーとして
あなたの心の中に君臨していることもあります。

また、そうでなくても、

子育てしていれば誰でも
グレートマザーって
勝手にいつの間にか作り上がっていくものです。

もし、子育てがしんどくてしんどくて堪らない場合は、
あなたがいつの間にか作り上げた
グレートマザーを手放すことが必要かもしれません。

その
「理想のお母さん」は
あなたの空想であって
実際には存在しません。

機嫌が良くて明るくて笑顔いっぱいで
子育てを超楽しんでいて、
それでもって家事もできて
夫にも常に愛情いっぱいで優しくて
その他の人にもいつも優しくて‥

↑TVとか見てると芸能人とかが
こんな風に育児をやっている姿を紹介していたりしますが、
「そう見せかけている」だけで、
実際のところはなーーんにもわかりません。

たぶん、
裏には色んなことがあるんだろうなぁと
私はかなり俯瞰して見ています(笑)

「いやでも、友達の〇〇さんは
とても素晴らしい育児をしている!!」

「子どもの同級生のお母さんはみんな幸せそう」

と思う人もいるかもしれませんが、

実際のところ
その家の内情はわかりません。

いつもニコニコしていて素晴らしいお母さんに見えたとしても、
心の中はぐちゃぐちゃになっていて
SOSを求めている可能性だってあります。

もしあなたの心の中に
勝手に作り上げたグレートマザーが住んでいるのなら、

その人を想像して
「さようなら」
と何度も呟いてみてください。

欠点があっても完璧じゃなくても
短所があっても
いつもニコニコなんてしていなくても、

あなたの子どもが愛しているのは
グレートマザーなんかじゃない
あなた自身ですから。

また同じようなお話しですが、

グレートマザーに育てられた人は
人間関係で苦しみを覚えやすい

ということもあります。

スーパーお母さんで何でもできる人で
みんなに優しくて思いやりもあって
機嫌も常に良くて家族に最高の愛情を注いで
なおかつ人望もあってキャリアもあって‥

↑そんなお母さんの元で育つと
心の中で勝手に

お母さん>>>>>私

の構図を作ってしまい、

お母さんに比べて私はダメだ
お母さんはすごいけど、私はすごくない
お母さんのようになれないのが苦しい

そんな思いを抱きやすいので、
常に劣等感が頭の中にあって

人間関係を築くときに自信がもてなかったり、
異性とお付き合いすることに恐れを抱いだり、

何かしら苦しめる要因となることもあります。

でも実は、
あなたから見ればスーパーお母さんで
グレートマザーかもしれませんが、

そんなお母さん自身も実は
自分の中のグレートマザーが強くて
それに近づくように忠実に頑張ってきて
(本人は気づいてない場合もありますが)

子どもの前では
「本来の私」を上手に隠してしまっているだけかもしれません。

そのような場合は、

同じ女性として同じ立場で
色んなことが話せると良いなぁと思います。

「子どもとお母さん」の関係性ではなくて、
同じ人として女性として話すことができると、

「実はお母さんも色々あるんだなー」

と思えることがあるかもしれませんよ。

心の中のグレートマザーを手放すことができると、
子育ても人間関係も
必ずもっとシンプルで楽なものになります。

どうか一人で頑張らずに
頼っていただけると嬉しいです。

いつも応援していますね。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。