自分を大切にする心理学

他の誰かになろうと頑張ってしまうあなたへ

こんばんは、野村香英です。

自分のことが嫌いだったり
自分を愛することができていないと

どうしても人は
「他の誰かになろう」と思って頑張ってしまうもの。

他の誰かになれたとしても
あなたの心が満たされることって、ないんですよね。

オリジナルの私をどう愛していくかがキーになります。

他の誰かが輝いてみえる私

「あの人はいつも明るくて人から好かれてる」

「あの人は感情が安定していて良いな」

「あの人はいつも楽しそうだな」

隣の芝生は青いといいますが、
他人の素敵なところや輝いているところって
目に入りやすいですよね。

それに比べて私は、ダメ。
ここも、これも、ダメ。

他の人に比べるとダメなところばかり。

だからこそ、「あの人」みたいに振る舞ってみよう。
明るい私で頑張ってみよう。

そんな風に「他の誰か」になろうと、
あなたは頑張っていませんか?

自分はダメだから変わりたいと思っても、変われないということ。

他の誰かになって頑張ろうとする心理として、
「ありのままの私は愛されない」
と思い込んでいるケースは多いもの。

そのままの自分にいっぱいバツをつけて、
「ダメ」という烙印を押しているからこそ、

「他の誰か」になって
愛されようと頑張るんですよね。

でも、他の誰かになろうと演じたり
頑張って振る舞ってみても、

最初は良いとして徐々にしんどくなってきたり
自己否定感がますます強くなることもあります。

それはなぜかというと、

自己否定から自分を変えようとしても
うまくいかないからです。

「自分はダメ」だから「変わりたい。」

その気持ち本当にわかります。
私もそう思っていた時期がありました。
ダメだから変わりたい、そう思いますよね。

でも、
自分はダメという烙印を押して
「変わろう」って努力しても、

「ほら、変わろうとしても無駄でしょ」
「ほらやっぱりダメでしょ」

って気持ちが出てきやすいのです。

すると挫折してしまうんですよね。
「ほらやっぱり私は変われない!ダメダメだ!」って。

自分を強く否定したままだと、
他の誰かになろうとしても「なれない」ことで傷ついてしまうのです。

私を愛するチャンスが、今やってきている

もし、他の誰かになりたいって思うのであれば、

それは
「もうそろそろ、自分を愛してほしい」
というサインを心が発信してくれているのです。

要は、自分を愛する時がやってきた、ということ。

他の誰かって輝いてみえるけれど、

目線を他人の魅力や価値ばかりにフォーカスしてないで、
自分にも向けてあげてほしい、と心は教えてくれています。

他の誰かになりたいって強く思うときは、
実は自分を愛する力を高めていくチャンスがきているんですよね。

変わりたいと思うときほど、

まずは今までの自分を労ってあげて
自分を認めてあげることがとっても大切です。

「そうだよね、私も私なりに頑張ってきたよね」

って。

一人では相当難しいので、
こういう時ほどカウンセリングで頼ってほしいなと思います。

そうして自分を少しでも受け入れることができると、
「自分ダメ」の烙印が少しずつ消えていき、
自然と変化していけるようになります。そんなに頑張らなくても、です。

自然と「他の誰かになりたい」って気持ちも
薄らいで消えていきます。

自分を幸せにしてあげたい、そう思うあなたへ

他の誰かになろうとしなくても、
自分で自分を愛してあげられるような
そんな私になることができれば、

必ず見ている景色が変わってきます。

他の誰かになるのではなく、
オリジナルの私を少しずつ受け入れ、
好きになって、

あなたの未来をより良いものに変えていきましょう。
欲しいものや状況を手にいれましょう。

そうやって、
「自分を幸せにしてあげる生き方がしたい」
そう思うあなたのことをサポートできれば嬉しいです。

いつも応援していますね。

 

お知らせ
直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
・オンラインシステムのZOOM
・東京のカウンセリングルームでの対面
どちらかをお選びいただけます。ご予約お待ちしております。
3/3(水) 全てご予約済みです
3/7(日) 10時〜・13時〜・16時〜
3/10(水) 10時〜・13時〜

他の日の予約状況につきましてはスケジュールをご確認ください。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。