自分を大切にする心理学

傷つきやすい自分が嫌い‥というあなたへ

こんばんは、野村香英です。

あなたは自分のこと、
「傷つきやすいなぁ」と思いますか?

例えば、
誰かのちょっとした言葉がいつまでも
心の中で引っかかってしまったり。

誰かのちょっとした態度で
「私が悪いのかな‥」って考えてしまったり。

そんな繊細で素敵なハートのあなたへ。

green-84649_1920

いつも元気な人ほど、
周りに明るく振る舞おうとしている人ほど、

実は「傷つきやすさ」を持っていることも。

誰かのちょっとした言葉や態度が
どうも心に引っかかってしまって、

しばらくそのことしか考えられなくなる。

そんな傷つきやすい自分に自己嫌悪。

「私はどうしてウジウジしてしまうんだろう」
「自分は生きるのが下手だな‥」とか。

↑こんなことってないでしょうか??

私は、『傷つきやすさ』は才能だと思っています。

傷つきやすい、ということは、
あなたがどれほどに優しさを秘めていて、
どれほどに「心」に正直なのか。

いつも自分の心と繋がっていて
感受性が豊かな証拠なんです。

でも、傷つきやすいが故に、
自分を嫌ってしまうのは、勿体ないなぁと思うんです。

傷つきやすい人は、
自分のハートを大事に大事に扱ってあげることができると、
才能が開きやすいと思ってます。

感性や感情が豊かな分、
「傷ついた」「悲しい」「辛い」もよく感じますが、

自分のハートを大事に扱えるようになると、

「嬉しい」「楽しい」「生きてて良かった」も

たくさんたくさん感じられるようになるからです。

セクシャリティ(生きる喜び)も高くなります。

じゃぁ、どうやって自分のハートを大事に扱うの?
というところですが、

『自分と親友になること』

でしょうか。

傷ついたり、辛かったり、悲しい気持ちのとき、
「ほら、やっぱり私はダメなんだ」と自分を攻めるのではなく、

「そうだよね、傷ついてしまうよね」
「辛いよね、そりゃそうだよね」
「悲しくて当たり前だよね」

って、
自分を守る親友になること。
自分に共感してあげる親友になること。

もし、そんな心をつくることができれば、
「傷つきやすい自分」も悪いもんじゃないって思えるようになります。

私自身も自称ではありますが
『豆腐メンタル』だと思ってます。

傷つきやすさは昔から変わってませんが、
その代わり立ち直りがスーパー早いです。

グサッとくることがあっても、
大抵すぐに立ち直ることができるようになりました。

‥崩そうで崩れない木綿豆腐でしょうか(笑)←どうでもええわ

すぐに立ち直ることができるようになったのは、
自分が自分の味方であると感じているからなんです。

傷つきやすい自分を攻撃するのではなく、
傷つきやすさを才能に変えてみませんか?

あなたが自分の親友になれると、
きっと見える景色が全然違うものになってきますから。

お知らせ

直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
東京のカウンセリングルームにて伺います。
ご予約お待ちしております。
12/12(水)  13時〜 ←残り1枠です

12/15(土)     13時〜 ←残り1枠です
12/16(土)     10時〜 ←残り1枠です

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。