魅力UPの心理学

心と身体は繋がっている〜過食、ダイエットの話〜

こんばんは、野村香英です。

先月から本気ダイエットを始めたのですが、
1ヶ月半で3.5キロの減量に成功しました〜。

ようやく産前に着ていた服も
何とか入るようにはなってきて
動きやすくなって
健康的にもなってきたところ。

エアー縄跳びとかスクワットとか
身体を動かすこともちょいちょいやっていますが、

一番やっていることは
身体の声に素直になるということ。

YUUKI150321090I9A4199_TP_V
↑ダイエットは忍耐だ!!と思ったら大間違いかも?!

「どうやっても痩せない」

という場合、
もしかするとそれは身体の問題ではなく
心に原因がある場合があります。

やっぱり自己表現や感情を抑圧していると
ダイエットしても何しても
どうしても痩せないようです。

私の尊敬するセラピストの方が
「セクシャリティを解放していないと太る」

そんな風に表現していましたが、
セクシャリティとは
自分の性を楽しんでイキイキと生きること。

女性だったら
女の自分を思いっきり楽しんでイキイキ生きるということ。

だから、
「どうしても太ってしまう」というのは
自分自身を楽しんでいないし
感情や表現を抑えているからかもしれません。

私もストレスが溜まると
過食に走ってしまうことありましたが、

過食は自分の想いをちゃんと吐き出せていない。
表現できてない。
感情を解放できていない。
我慢や犠牲が多くて自分のことを粗末にしている。
好きなことができていない。

だからストレスが溜まって
「食べる」ことで
一時の幸福感を得ようとしているのです。

心と身体って密接に繋がってるんですよね。

喉が痛いときは、
自分を表現しなさいっていうサインだったり

目にトラブルがあった場合は、
もう何も見たくないという心からのSOSだったり。

だからどうしても過食してしまう、
どうやっても痩せない・太ってしまうという場合は

身体からのアプローチ(食事制限や過度な運動)ではなく
カウンセリングで心と向き合ってみるのも有りです。

もちろん、体質的なこともありますので
一概には言えません。

ですが、どうしても太ってしまうことに
辛い気持ちを抱いていたり
過食がやめられずに苦しい感情を感じている場合は、です。

太っている私もOK
たまに過食しちゃう私もOK

そう思えている場合は
なーーんの問題もありませんし、
自己肯定できているということなのでご安心を。

私もそろそろ痩せようと思って
ダイエットをし始めましたが、

一番やっていることは
身体の声に素直になること。

私たちは誰か他人が作った概念で勝手に
「3食きっちり食べないといけない」
と思い込んでいます。

そして
栄養のあるものを‥無添加のものを‥
と思ってしまいますが、

本当にそれ
身体は望んでいるのでしょうか?

とある海外の有名なカウンセラーが書いた本に、

「食事の観念を外しなさい。
お腹が空いたときにあなたが食べたいものを食べなさい」
と書いてあるんですね。

私もそれに習って、
試しに『本当にお腹が空いたときだけ好きなものを食べる』
ということをやりました。

すると、あんまり何にもやってないのに
自然に毎日体重が減っていったんです。

身体はちゃんと「お腹すいたよー」と教えてくれるんですよね。
そのときに、食べればいいだけ!

よく、
「この後仕事でお腹を空かすと困るから、多めに食べよう」
と先のことを想定して食べたりしていましたが、

それはよく考えると
「怖れ」を食べているのと同じ。

お腹が空くのが怖いから食べる

怖れはネガティブ動機なので
心配の種を自分の身体に植えつけているようなものですね。

だからまた太る、というスパイラルに入ります。

過食をやめてダイエットを成功させたいのであれば、
ちょっと心や感情に意識を向けても良いですね。

そして身体の声に素直になることです。

ちなみに私は、あと6キロ落とすつもりでいます。
たぶん今年中に達成すると思います!
痩せたらブログの写真を撮り直しにいく予定です(笑)

お知らせ

直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
東京のカウンセリング
ルームにて伺います。
ご予約お待ちしております。
4/4(水) 13時〜←残り1枠です
4/7(土) 10時〜←残り1枠です
4/8(日) 10時〜・13時〜・16時〜
カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。