男女関係の心理

愛される人の特徴って?【アメブロ:恋愛テクニックより】

人のパーソナリティには必ずプラス面もマイナス面もあります。
『完璧』な人などいないのです。

ですが、時に私たちは
『完璧にならなくてはいけない』
と思ったり、
『自分を優れている人に見せよう』
と頑張ってしまうことがあります。

本当はそんな必要ないんです。
なぜなら、自己嫌悪や欠点は誰にでもあるものなので、
【隠さずに開示】することで共感がうまれ、
人との間に親密感の架け橋を作りやすくなるからです

モテる人は、隠すのではなく、
ハートをオープンにするのが上手な人です!

下記の記事は3/1に
アメブロの恋愛テクニック【モテオーラ養成講座】から配信された記事です。

***

パートナーから愛されている人。

周りに友人が沢山いる人。上司や部下からも愛されている人。
いつも誰かが側にいて多くの人に愛されている人。
そんな人の特徴って何でしょうか?

 

小まめに気を配ることが出来る人?
いつもいつも笑顔でニコニコしている人?
仕事もプライベートもしっかりしている人?

 

実は違うのです。
愛される人やモテる人は
『ハートをオープンにしている』人なんです。

 

***

 

昔こんなことがありました。
まだ夫と付き合っていなかった頃です。

 

その日はお酒が入っていて、かなり心が緩んでいたのでしょうか。
『過去に起こった恥ずかしかった出来事』について話していました。

 

私が小学校2年生くらいの時のこと。
昔、フーセンの実という数珠玉くらいの大きさのガムがあったのですが、何を思ったのか私はガムを鼻にツッコんでしまいました(笑)
今思い返してもかなり恥ずかしいのですが(恥ずかしいけど暴露します)、
そのガムがどうやっても鼻から取れず長時間もがき苦しんだのですが、隣で姉がずっと爆笑していたのです。
そして、姉が次の日近所の子に言いふらしたんですよ…。
みんなからとてもからかわれて、軽くトラウマになりました(笑)

 

そんな話を夫に話すと、まぁお互いに次から次へと人に言ったことのないような恥ずかしい話がでてきて盛り上がり、一気に仲良くなったことを覚えています。

 

『恥ずかしいことはしてはいけない、言ってはいけない』
こう思っていらっしゃる方は多いように感じます。

 

反対に、しっかりしなければいけない、
人に迷惑をかけてはいけないと思っている人は多いのではないでしょうか。

 

しかし。
『完璧』ってモテにくいし愛されにくいのです。

 

人は自分の欠点や自己嫌悪、
恥ずかしいことを隠そう隠そうとします。
他人になるべく見せないようにしようとした結果、
『隙』がなくなってしまうのです。

 

隠そう隠そうと努力して、
隙がなくなると、他人の目からは『完璧』に見えるかもしれません。
『良い人』に見えるかもしれません。
ですが近よりがたい印象を与えてしまうのです。
親近感がなくなってしまうから。

 

それを隠さないで、むしろオープンにした方が愛されます。
なぜかというと、『共感』を生むからです。

 

誰だって生きていれば当然、欠点もでてくるし、
自己嫌悪もあります。
恥ずかしいことをしてしまう事もありますよね。

 

あなたが隠さずに自己開示することで、
『実は私もそうなんです!』
『俺もそう思っていたんだよ』
と共感を生むことの方が多いのです。
共感が生れると、一気に親近感が湧いてきたり、
親密感を感じたりします

 

愛されている人やモテる人、というのは、
あまり隠すことを頑張らない人です。
むしろ自己嫌悪や恥ずかしい出来事を人に言っちゃうような人。
隠さない=ハートがオープンになっている証拠ですので、
人を魅了し惹きつけるのです。

 

自分の恥ずかしいところを全部さらけ出そうとか、
自己嫌悪も丸だしにしようとか、
そこまで頑張らなくても大丈夫です。

 

ただ、隠さない方が親近感や親密感が生まれるので、
人と繋がりやすくなる、ということを頭に入れておいてくださいね。
みんなそれぞれに自己嫌悪や恥ずかしいことはあるんです。
あなたがリーダーシップをとって開示すると、共感を呼んで、
更に人から愛される私になるかもしれませんよ

 

今日のモテオーラ養成講座
過去に恥ずかしかった出来事はなんでしょうか?
どんなところに自己嫌悪を感じますか?
今日は、1人で良いので誰かに話してみましょう。
しかし。最初はあなたが1番信頼できる人に話しをしてみてくださいね。
チャレンジャーの方は1番難しそうな人に
自己開示をしてしまいがちです(悪くはないのですが挫折しやすくなります)。
まずは1番信頼できそうな人から、
ハートをオープンにしていきましょうね。
カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。