自分を大切にする心理学

嫌いな人がいる私は悪い奴?

こんばんは、野村香英です。

心が優しい人ほど
誠実でありたいという思いがある人ほど

『嫌いな人』の壁で苦しんでしまいがち。

よく心理学でも、
「あなたの嫌いな人はシャドウ(隠れているあなた自身)です」
なんて言ったりしますが、

嫌いな人や苦手な人がいる自分を
嫌わないでいてほしいのです。

AXISIMG_0794_TP_V

誰かを嫌ってしまう、
苦手意識を持ってしまう、

そういうときって
罪悪感と自己攻撃がセットになってやってくることも。

こんな感情を持ってしまう自分が悪いんではないか、
どうしてみんなのこと好きになれないんだ、
みんなうまくやってるのに
どうして私は苦手だと感じてしまうんだ、

↑こんな風に
自分に自問自答しながら自己攻撃してしまう時、
ありませんか?

特に、
「人に嫌われたくない」
「人から好かれたい、良い風に思われたい」
という気持ちがあると、

自分が人を嫌ってしまったり
苦手意識を持つことに対して
嫌悪感を抱いてしまうことも。

だけど私は思うのですが、

神様でない限り
みんなを平等に愛して
みんなと仲良くやるのって
難しいんじゃないかと思うのです。

心優しくて誠実な人ほど
誰かを嫌ったり苦手意識をもつことに
苦しんでしまいがちですが、

どんな感情を感じても良いのです。

嫌だな、苦手だな、
って感じても、

あなたの感情はあなただけのもの。

湧いてくる感情に
『こんなこと思ってはいけない!』
『感じてはいけない!』
ってバツをつける必要はないのです。

バツを付けたところでその感情は消えないので
更に苦しくなってしまいます。

ただ必要なのは、

「今は嫌いなんだな」
「今はとっても苦手だと思うよね」

って認めるだけ。

「今は」って大事です。

だって未来はどう変わるかわからないし、
感情も変化していくものだから。

「自分にも嫌な人がいる」ことを
ちゃんと認められるようになると、

人から嫌われることを極端に怖がったり
無理をしてまでみんなに好かれたいと
あんまり思わなくなります。

ただ、嫌いな人を攻撃したり
嫌味を言ってしまうのは
自分のためにもやめた方がいい。

攻撃したり嫌味を言ってしまうと
『自分も誰かから同じことをされる』
と心は認識してしまいます。

そしてまた、
誰かから嫌われることを怖いと感じてしまう、
というループに入ってしまうこともあるので

自分のためにも
誰かを攻撃したりするのはやめておきましょうね。

ただ「嫌いな人がいる」ということを
認めてあげること。

自分にもっと優しくしてあげましょう。

どんな感情を感じても
あなたは自由なのです。

もっと自由に生きていけますように。

お知らせ

直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
東京のカウンセリングルームにて伺います。
ご予約お待ちしております。
1/24(水) 全てご予約済です
1/27(土) 10時〜・13時〜・16時〜

1/21(日)  10時〜・13時〜・16時〜

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。