男女関係の心理

LINEやメールの返事がないと不安でいっぱいになってしまう

こんばんは、野村香英です。

最近のカウンセリングで
よくお伺いするキーワードとして

「彼からLINEの返事がないと嫌われたのか心配になる」
「友達から返事がないだけで大きな不安に襲われる」

などなど、よく聴きますが、
不安が大きくなりすぎて

『返事が返ってくるまで、もう何にも手につかない』
『この世の終わりみたいな気分になる』

と言う人もちらほらいます。

いや、私もその気持ち、
本当に痛いほどわかりますよ!

ずっと昔、私もそんな時代ありました。
今でもすごく不調と時とかは
ほんのちょっとだけ気になることありますし。

でも何でそんなに不安でいっぱいになってしまうのか
レクチャーしたいと思います。


↑既読スルーも気になると猫が言っております

まず、
LINEやメールが返ってこず不安になる大前提として、

『嫌われるのが怖い』

という心理が隠されています。

人は大切な人にほど
「嫌われたくない!」という気持ちを持ちますが、

特に自分に自信がないほど
嫌われるのを怖れる傾向にあります。

この「自信がない」って状態ですが、
私はカウンセリングでこう伝えています。
「自信がないっていうのは言い換えると『自己肯定感が持てていない』ということですよ」と。

自己肯定感っていうのは、
自己愛って言ったりもしますが、

『自分をありのままに肯定すること』。

要は、
飾らないそのままの自分にOKを出すことです。

この自己肯定感が持てていて、
「私はOK」の状態が保てていると、

例えLINEが返ってこなかろうが、
メールが返ってこなかろうが、
雨が降ろうがヤリがふろうが(笑)、
さほど気になりません。

自分自身を自分で承認している状態だと、
相手から嫌われることがそこまで怖いものではなくなるのです。

自己肯定感がもてていない、というのは
裏を返せば自己否定がとても強いわけです。

自己否定が強い人ほど、
自分で自分を嫌っています。

自分自身を嫌っているからこそ、

「あの人にだけは見捨てられたくない」

という気持ちが湧き上がってくるもんなんですよ。

心理的には

『だってあの人に見捨てられたら
大嫌いな「私」の価値なんて全く失くなってしまうわ‥』

という感じです。

その人といてる時は
嫌いな自分と対峙しなくて済むのです。

でもでも、そんなに自己否定が強い状態で
例えLINEやメールが返ってきたとしても

一時的にはホッとするだけで
何度も何度もエンドレスに同じことを
繰り返してしまう人もいるのではないでしょうか?

それ、本当に苦しいですよね。
まさに生き地獄‥

だったらこの際に根本から自分と向き合って
「私はOK」の状態になった方が
一見遠回りのようで幸せになるにはスーパー近道です。

愛されていた記憶を探り受け取る
頑張ってきた私を承認する

などなど、やり方は沢山あります。

私のカウンセリングなんかでも
セラピーで自分を許す・自分を承認することに
取り組むことが多いですが

自己肯定感がついてくると
現実に変化がでてきて
楽に生きれるようになったという人が大半です

そしてそして。

これを今日は一番伝えたいのですが、

LINEが返ってこなくて気にしている
メールの返事がなくて気にしている

そんなあなたをあなたが責めないでください。

そんなに気になるぐらい、
色んなことに傷つきながらも
何とか前を向こうと頑張ってきた自分を責めないでください。

自己肯定感をもつためにも、
自分を一番に労わってあげてほしいのです。

今日まで色んなこと、頑張ってきましたよね。

「自信がもてない」
「自己肯定感がもてずに苦しい」
「自分が大嫌い」
などなど、

自分一人で何とかしようとせずに
よかったら頼ってくださると嬉しいです。

 

お知らせ

直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
東京のカウンセリングルームにて伺います。
ご予約お待ちしております。
10/14(土) 13時〜・16時〜・19時〜
10/15(日) 16時〜←残り1枠です

10/18(水)    10時〜・13時〜

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。