ちょっと一休み。

応援してくれる人が1人でもいれば、それがあなたの力になる

目を閉じて少し深呼吸をして、ちょっと考えてみて欲しいんです。
『誰が私のことを応援してくれているかな』
と。

 

頭に浮かんだ人はいますか?
その人の顔や声を思い出すと、どんな気持ちがしますか?
決して嫌な気持ちにはならないですよね。

 

誰かからの応援のパワーは、あなたを前に進ませてくれる魔法かもしれない

 

***

 

こんにちは、野村香英です。
先日UPした記事、『自信がない。からの脱却法』を読んでいただきありがとうございました。
記事はこちらから>>>>> ~その1~  ~その2~

 

その記事の拍手コメントで、

 

※どうして応援してくれる人が必要なんですか?※
と、気になる質問を頂きましたので、今回はそれに答えたいと思います。

 

応援』というのは、エネルギーでありパワーそのものです。
冒頭で書いたように、応援されて嫌な気持ちになる人はあまりいないと思います。

 

何かにチャレンジしようと思ったとき。
次の1歩に勇気を出して進もうとするとき。
自信がないけれど、やりたいことが明確あるとき。
目の前のことが怖くて立ち止まってしまうとき。

 

こんなときに、1人で『どうにかしよう!!』と思い、頑張ることはもちろんできます。
自分1人のやり方で、どうにかこうにか工夫して前に進むことだってできます。

 

しかし。
『自分1人の力』というのは、限界もあります。
それは自分の価値観、思い込みに偏り易いからです。

 

できるだけニュートラルに考えよう、行動しよう、と思っていても、うまくいかずに壁にぶつかることも多々あるでしょう。
または、やはり前に進むことができずに、悶々と悩んでしまうこともあるでしょう。

 

こんな時に、自分のことを心から応援してくれる人がいたらどうでしょうか?

 

誰かが『自分のことを応援してくれている』と思ったら、勇気が出やすい。
誰かの応援のパワーは、あなたの心の支えになるかもしれません。
もしチャレンジしてダメだったとしても、応援してくれているあの人たちはあなたのことを責め立てますか?
むしろ、あなたが勇気を出してチャレンジしたことを称賛してくれるのではないですか?

 

1人で何かと闘うのではなく、1人で頑張るのではなく、
誰かがあなたを応援してくれていたら、『ちょっくら勇気をだしてみようか』とパワーをもらえるものです。
1人の力より、2人の力。
あなたが正しいことをやっているとか間違ったことをしているとか、そんな判断ではなくて、誰か1人でもあなたという人を応援してくれる人が、いるのといないのでは違うと思います。

 

***

 

私は常にクライアントさんの1番の応援団でいたいと思っています。
普段から、○○さん今頃どうしてるかな、とか、○○さん最近辛いと言っていたけど元気かな、とか色々考えます。
その度に『あの人が幸せであるように』と祈っています。

 

これまで私は、応援されて前に進んでいく、勇気をもって道を拓いていく人をたくさん見てきました。
ですので、応援のパワーって本当に響くんだなと実感しています。

 

私も行き詰ったときに、夫や親友や家族の顔を思い浮かべると、応援されているような気がするので『ここで立ち止まらないで前に進みたい』と思うことがありますよ。

 

あなたにも応援のパワーが届きますように。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。