夢を実現する心理学

豊かな心をつくるために

完璧主義というのは「完璧にできること以外は興味がない」状態を指すことがあります。
ですので、実は、完璧主義さんは面倒くさがり屋さんにも多いのです。

日々の小さな幸せを敢えて意識することにより、心が豊かになる。

しかし、完璧主義の罠に引っかかると、小さな幸せを見つけることすら面倒くさい!となってしまうもの。
次第に大きな奇跡や大きな喜びを求め、今ある幸せを忘れていってしまいます。

あなたの心がより豊かになるように、下記の記事を贈ります

***

昨日のTRYでは、『今、ここにある幸せを再確認しよう』という内容の記事を書きました。

 

私たちは、何か大きな出来事が起こってから、些細な何気ない事がどれくらい大切で幸せだったか気付かされます。

 

例えば失恋。
経験した方も多いと思いますが、相手を失った後に、
<2人でいた、些細な日常のやり取りや出来事がどれくらい幸せだったのか>
思い知らされることもあるでしょう。
日常の幸せは慣れてしまうことが多いので、意識しないと気付くことが難しいのです。

 

私は最近寝る前に、夫と『今日嬉しかった出来事』をお互いに3つずつ言い合っています。
また、時間があるときは日記を付けて、嬉しいと感じたその日のことを書いたりしています。
最初は照れくさく感じたりしましたが、これを続けていくと小さな幸せに目が向くようになり、嬉しいと感じることが増えていきました。

 

言葉にして意識する、文字にして意識する、
簡単なようで難しいのですが自分をよく知るためにも、

【無意識を意識化させる】
ことは、とても大事なこと。
『そんなの面倒だなぁ』と感じる方。
ここで完璧主義の罠に引っかかってしまうと、『どーせ長続きしないから良いや』と諦めてしまうものですが、できる時だけで構いません。
完璧にできなくて良いのです。
完璧さを求めてしまうと、苦痛しか伴いません。
少しずつ、できる時だけチャレンジしていきませんか?

 

自分の心の内側を不満でいっぱいにするのか、
今ある幸せに気付き感謝の気持ちを持とうとするのか、
選択権はいつも【自分】にあります。

 

まずは、あなたのすぐ目の前にある小さな幸せを感じ、意識してみましょう。

あなたの魅力がより花開きますように。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。