魅力UPの心理学

【完璧な女性】を目指さなくても良いのです【アメブロ:恋と仕事の心理学より】

いきなりですが、私の趣味の話をします

友達の飲んだり、騒いだり、アパレル時代の上司と飲んだり(飲んでばっかりやん、と突っ込んでください笑)、ヨガに行ったり。

ケラケラ笑っているのが1番私らしいとは思うのですが、本当にここだけ、1人で癒される趣味は、お風呂でスマホを持ち込み動画を見ること。
その動画は……もっぱら、日本昔話!!

人情というか、人の優しさというか、本当に大切な心というか、哲学というか…、そういうのに触れると自動的に涙が…(笑)

お風呂で1人で泣いている私をみて、夫は『また泣いてるよ…』と少しシラケた目でみてきますが、めげずに日本昔話の素晴らしさを語っている今日この頃です(笑)

***

下記は1/22にアメブロの【恋と仕事の心理学】から配信された記事です。

私たちは、自分に対して「完璧さ」を求めてしまうことがあります。
それが反省から、自己攻撃になることもしばしば。
長らく自立して生きてきた、自立系女子へ、この記事を贈ります。

***

 

前の彼氏と別れてから、たくさん自己啓本も読んだ。
心理学のサイトもたくさん見て勉強した。

 

なのに…、また彼に対して感情的になって怒ってしまった。
彼の心境を考えずに、文句ばっかり言ってしまった。
今日なんて、彼がLINEで優しい言葉をかけてくれているのに、『今更遅い!』とキツイ言葉を投げかけてしまった…。
彼が「今はちょっと距離を置きたい」と言っているのに、何度もすがりついてしまった…。

 

今の彼とは、ラブラブで過ごせるように、たくさん勉強もしたのに全然進歩していない。

 

私って本当にダメな女なのかも……

 

と、自分を強く呪ってしまうような時ってありませんか??

 

カウンセリングでも良く聴くんです。
『前の彼氏に振られてから、もう2度と同じ間違いをしないように、何冊も本を買って勉強したのに…全く実践に生かされていないんです…。私ってダメなんでしょうか。』
と。

 

多くの場合、ここには、
『完璧にしなければいけない』
という気持ちが隠されています。
そして、いつも完璧にしなければいけない、と思っていると人は仮面(ペルソナ)を作ります。

 

いつも、優しい私。
いつも、彼のことを1番に考えて笑顔の私。
いつも、明るくて物わかりの良い私。

 

その仮面を最初はうまーく被っていられるのですが、人間ですから、どこかで素がでてしまったり、お付き合いが長くなってくると仮面を被っていること自体が窮屈になって辛くなってしまうもの。
(ここで苦しくなって、大好きな彼に自ら別れを切り出してしまう人もいます)
仮面が剥がれはじめると、

 

いつも優しい私⇒たまに怒ってしまう。
いつも彼のことを1番に考えて笑顔の私⇒笑顔がうまく作れない時もある。
いつも明るくて物わかりの良い私⇒ネガティブな部分を隠せなくなる。

 

このように変化していきます。

 

この変化自体は全然悪いことではないのです。
それが、【本来のあなた】ですから。
本来のありのままのあなたには、あなたしか持っていない魅力が溢れています。
本来のあなたを彼に愛してもらって初めて、愛されている実感が湧きます

 

しかし。

 

この仮面がとれた自分を許せない。

 

こう思っている女性は多いのです。

 

だから、少しでも仮面が剥がれると、自分を強く責めてしまう。
『あんな風に感情的に怒って、自分ってなんて最低なんだろう』
『LINEで優しい言葉をくれているのに、優しく反応できない私って何て嫌な女
なんだろう』
『何度も彼にすがりついて、なんてみっともない人間なんだろう』
こんな風に。

 

でも。

 

完璧にできる人なんていないんです。
完璧にやろうとしているから、『少しでもうまくできなかった自分』を責めてしまいます。
たまには感情的に怒ってしまうときだってあります。
LINEやメールでそっけない態度をとったり困らせてしまうときもあります。
ケンカになることだってある。
彼の気持ちを考えられずに、自分のニーズを押し付けてしまうときだって、、、ある。

 

私にだってありますよ!(笑)
夫と感情的になってケンカしたり、相手の気持ちを考えられずニーズをぶつけ
てしまう時も。

 

***

 

どうか。
そんな自分を許してあげてほしいんです。
10回中10回とも完璧な女性、、、なんて、誰だって難しいと思います。
そんなに無理して頑張らないで、まずは10回中3回を目指して、彼の気持ちを考え労わってみれば良いと思います。
うまくいかなくても、彼に対してニーズをぶつけてしまっても、感情的に怒ってしまっても、

 

そういう時もある。

 

私たちには感情があります。
そして感情に浮き沈みがあるのも当たり前ですから、ね。

 

『完璧な女性』でなくても、未完成なあなたのままが、きっと1番美しい。

 

自己啓発本をいっぱい読んでも、心理学のサイトで勉強しても、うまくいかないときや感情的に怒ってしまうときもある。
そして、そんな自分を「私も人間だからいつも完璧になんて難しいよね」と許してあげてみてはいかがでしょうか。

 

あなたの恋を応援していますね。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。