中絶からの心の回復

中絶による心の痛みから回復するために(5)~その他のアプローチ~

こんばんは、心理カウンセラーの野村香英です。

中絶による心の痛みから回復するプロセスとして、
前回の記事では
「あなた自身と向き合う」
ことの大切さを書きました。

中絶による心の痛みから回復するために(4)~あなた自身と向き合う~「自分を大切にする」ということが、いまいちどういうことがピンとこない。実際にカウンセリングでお逢いする人も、不思議とそんな共通点をもっている人が多いのです。もしできるなら、これからは『自分を大切にする』と心に誓うことが大切です。...

中絶、という経験は、
大きな苦しみや悲しみでもありますが、

「自分を大切にして生き直そう」

ということを
もしかしたら教えてくれている出来事かもしれません。

どうか少しでも、
苦しみの渦から抜け出して
新しい自分で生きていけますように。

※中絶による心の痛みから回復するために、5回にわたって連載しています※

中絶による心の痛みからの回復〜最終回〜

これまで4回にわたって、
中絶による心の痛みから回復するために
大切なことを連載してきました。

いよいよこれで最終回。
最後まで読んでいただき、
本当にありがとうございます。

 

きっと苦しみや悲しみ、
どうしたら良いのかわからない気持ち
誰にも相談できない孤独感

色んな気持ちを抱えながら
記事を読んでくださったことと思います。

少しでも、ほんの微力でも、
あなたのお役に立てていれば幸いです。

 

そして今日は、
その他の癒やしのアプローチ方法を
書いてみたいと思います。

心の癒やしや回復へ、その他のアプローチについて

よくクライアントさんから質問されることを
上げてみたいと思います。

水子供養はした方がいいかどうか

私個人の考え方としては、

あなたがそれをすることによって
少しでも罪悪感から解放されるのであれば、
やっても良いと思います。

しかし一概に
「絶対しなきゃいけない!」
とは言えません。

水子供養も諸説があります。
良いか悪いかは
宗教上や個人の思想で分かれると思います。

外国ではそもそも、
「水子供養」という
概念がない先進国もあるようです。

 

供養をしなければ怒っている、呪われる、
それはただ罪悪感を刺激する
脅しのような思い込みに近いなと感じます。

どうしても罪悪感が強いと、
「私は罰せられる」と心が思い込むからです。

 

だからこそ、
罪悪感を丁寧に一枚一枚手放していくことは
とても大事なことなのです。

 

赤ちゃんを見ると辛くなるケースについて

「幼い子どもを見ていると涙がでてくる」
「友達の赤ちゃんに会うと心が乱れる」
「街で赤ちゃんとすれ違うだけで辛くなる」

ほとんどクライアントさんが、
このような痛みを抱えていらっしゃいます。

中絶によって傷ついたハートは
敏感になっているので、

ちょっとした事で涙がでたり、
赤ちゃんを見かけては苦しくなることもあります。

正常な心の反応なのです。

 

「どうしたら赤ちゃんを見ても平気でいられますか?」
とよくカウンセリングで質問を頂きますが、

これは時間がかかる場合もあります。

しかし、
それがずーーーっと続くことはありません。

 

中絶による心の痛みから
回復するためプロセスをUPしてきましたが、

記事の①〜④を
できるだけ丁寧におこなっていくことで、

赤ちゃんを見ても「大丈夫だった」と
自然と思えるようになります。

時間が三ヶ月、半年、1年、と経つにつれて、
少しずつ少しずつ楽になっていくケースが多いです。

 

①に書いたように、
苦しくなったり悲しくなったりして
涙が出てくるときは決して我慢せず、
感情を出していきましょう。

プロセスは必ず流れていきます。
焦らなくても大丈夫。

ずーっと同じところで留まることは、ほぼありませんから。

自分の母性をどこに使うのか

これは女性全員に該当することではありませんが、
「一度芽生えた母性は消えることはない」
という心理学者もいます。

母性の持っていくところを間違えると、

ダメンズに引っかかってしまう…
働かない男に貢いでしまう…
世話を焼いてしまう…

というケースも実は多いんです!

これは、
昇華しきれていない罪悪感と芽生えた母性がセット
になっているので起こりうることでもあります。

 

できれば母性は、
多くの人を愛する才能に
変えていきたいところです。

中絶という出来事を通して、
沢山苦しんだり悩んだりした分、

他人にも心の傷や痛みがあるとすれば

あなたは愛や優しさを
人に向けられる人になれるかもしれませんよ。

最後に私からメッセージを。

その他のアプローチ方法や
クライアントさんからいただく多くの質問など、

いっぱい書きたいことは
まだまだあるのですが、

山程ありすぎて書ききれないのが実際です。

 

私の一つの夢なのですが、

「中絶による痛みから回復するための、そんな本を書く」

という希望があります。

※出版社さま、良かったら声をかけてください!

2021年現在、
心理カウンセラーとして現場で
今まで約3500件ほどのカウンセリングをやってきましたが、

中絶による心の痛みに関するご相談がとても多く、

その悲しみや苦しみを超えて
「生き直す」
「自分を大切にする」
というプロセスを歩んでいく女性を沢山みてきました。

そして幸せになっていく女性も
沢山たくさん見てきました。

 

今や6人に1人が中絶することがあるのに、
日本ではこれだけ
中絶がタブー視されている現実が、
私はとっても悲しいです。

確かにオープンにはし辛いことではあると思いますが、

もっともっと日本でも
中絶の痛みから心を回復させるためのツールが
世の中に出回れば良いなと本気で思います。

 

そして一人でも多くの女性が
痛みから回復して、

【自分の幸せに責任をもつ】

そんな自分に変化していくお手伝いができれば、私も嬉しいです。

 

女性性の痛みをそのままにせず、
癒して更に素敵な女性になることもできます。

是非お気軽に
カウンセリングにいらしてください。

みなさまが、
もっと幸せになることを心より応援しています。

 

お知らせ
初回無料カウンセリング(45分)や対面のカウンセリング、Zoomによるカウンセリングなど受付中です。
是非お気軽にご利用くださいね。

カウンセリングのご案内
・予約状況はスケジュールをご確認ください。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。