自分を大切にする心理学

占いにハマりすぎてお金を散財した‥というケース

こんばんは、野村香英です。

ちょくちょくクライアントさんから聞く言葉。

特に初めてお話しする方に多いのですが、

「実は占いにハマりすぎてしまって、
貯金が全額なくなってしまった」

「占いがやめられなくて、大金を使った」

「占い依存から抜けられなくて‥」

ということ。

女性は占い好きの人が多いですね。
占いをしてもらうことによって、
元気がでたりやる気がでることもありますよね!

しかし、
お金を散財してしまうほど占いにハマってしまうって
一体心では何が起こっているのでしょうか?

実はそんな私も、
占いは結構好きです。

過去には当たると評判の占い師さんのところへ
行ったこともあります。

でも星占いにしろ、おみくじにしろ、
良いところしか信じません(笑)

「占いを楽しんでいる」スタンスです。

しかし、占い依存になったり
占いに散財したりする人も多くいます。

その多くの人は
『不安』なんですね。

確かに幸せでルンルン気分のとき
あんまり占いを利用しようと思いませんよね。

彼と別れそうな危機状態のとき
仕事で上司とうまくいかず辛いとき
生きていくこと自体が苦しいとき

とにかく、
大きな不安や自分の未来を心配してしまうとき
どうしても占いに頼ってしまいがちです。

占いが悪いわけではありません。

占いしてもらうことによって、
元気が出たり前向きになることもあると思います!
生きる希望が持てたり
勇気をもらえることだってあるでしょう。

しかし
散財してしまうほど、
大金をはたいてしまうほど、
占い依存状態になるときには

必ず
自己否定が隠されています。

自分で自分を肯定できないから
承認できないから、
誰かに私をわかってほしい。認めてほしい。

自分で自分を愛することができないから
好きにはなれないから、
誰かに褒めてほしい。認めてほしい。

自分で自分にYESをだせないから
否定ばっかりしちゃうから、
誰かに大丈夫と言ってほしい。認めてほしい。

このような心理状態です。

だから、

「私」をわかってもらうために
肯定してもらうために
大丈夫だよって言ってもらうために

お金を散財していると言っても過言ではないのです。

でもね、
結局他人にどれだけ肯定されても
「大丈夫」と言われても

あなた自身が自分のことを
好きになって肯定していかないと

心が完全に満たされることはありません。

自分の軸をもっている人は
何となく感覚で
「自分の未来は自分で作っていく」
「自分の幸せは自分でつくる」
というのがわかっています。

だけど、他人軸になっちゃっている人は
物や占い、人に依存してしまいがちなんです。

自分で幸せをつくるとか、
未来を作っていくとか、
そんな力は自分にはない・できるわけがない
と思いがちでもあります。

しかし他人軸になってしまうにも理由があります。

きっとそれぐらい傷ついてきた、ということ。

幼い頃から否定されえることが多かったり
ありのままを認めてもらう経験が少なかったり
大きな失恋をして自信を失ったり
会社でとても嫌な目にあったり、

心に傷ができて
そこが痛んでしまっているのです。

だから「他人軸である」=「あなたが悪い」のではないですよ。

傷つく経験をいっぱいしてきて
知らず知らずの内に
自分の軸を見失ってしまっただけなのです。

たぶんきっと、
いろんなことを頑張ってきましたよね。

私も元々はとても他人軸の人でした。

人の顔色や言動が気になりすぎたり
彼ができると依存してしまったり。

しかしカウンセリングを通して
自分の心や感情と向き合っていく度に
「自分は自分の味方だ」「自分を大切にしたい」
という感覚が生まれたのです。

今では、全然人の顔色を伺わなさすぎて
ちょっと図々しいくらいなんですが‥笑

占いにハマりすぎてしまう多くの人は、
他人軸になっているから苦しいのです。

自分を幸せにしてあげられるのは、
占いではなく「自分自身」です。

自分で自分を幸せにしてあげましょうね。
いっぱい傷ついてきた分、
もっと幸せになっても良いのです。

あなたのサポートができれば嬉しいです
いつも応援しています。

 

お知らせ

直近でご利用いただける面談の枠は下記の通りです。
東京のカウンセリングルームにて伺います。
ご予約お待ちしております。
2/10(土) 10時〜・13時〜・16時〜
2/11(日) 10時〜・13時〜・16時〜

2/14(水)    10時〜←残り1枠です

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。