【お知らせ】

今月も参加します【心理学サロン】/『「笑い」が世界を救う~ピエロになる勇気をもつ』

先日の出来事ですが、とあるワークショップのときに、私が宴会会場まで受講生を誘導していました。
信号が青から赤に変わりそうだったので急いで焦りながら誘導していたところ、
みずがきひろみカウンセラーから、
『香英ちゃん、羊飼いみたいよ~』
と言われて、おもわず2人で爆笑しました。
ひとり急いで焦っていたのですが、我に返りました(笑)。

笑いは、どんな深刻さも吹き飛ばしてくれる魔法かもしれません。

***

こんにちは、野村香英です

今日は10/22に開催される、みずがきカウンセラー主催の心理学サロンのご案内です。

 

2015年度からゲストカウンセラーとして参加させていただいています。
みなさまが、たくさんの【気付き】を通して、無意識を意識化し自分の心の内側をたくさん知れる機会となりますように。

 

第8回【心理学サロン】『「笑い」が世界を救う~ピエロになる勇気をもつ』
日時:2015年10月22日(木)13:30~15:30
場所:渋谷区総合文化センター大和田 学習室2
料金:3,240円
ゲストカウンセラー:嶽きよみ野村香英松尾たか

 

私はお笑い文化の色濃い関西出身です。
今でも本当に恋しく思うのが、関西のテレビ番組。
面白いんですよ~。ほんとに。
どんなに深刻なことを抱えていても、テレビをみて笑ったらスッキリしていた、なんてこともありました。

そして昔の話しなのですが、
色々と都会生活に疲れてしまい、有給をとって一週間くらい実家のある関西に帰省したことがありました。
そのときは仕事のこともパートナーのことでも悩んでいたし、
どうにもこうにも八方塞がりでした
実家に帰省してもあまり元気が出ず悶々としていたときに、
何気なく小学校の卒業文集をパラパラとめくっていてると、、、

とある男子が『将来なりたいもの』のところに、
『円宏志』と書いていて、1人で大爆笑。
(関西人には馴染みのあるタレントさん。知らない人は検索してくださいw)

何気ないことだったんですが腹から笑うと、悩んでいるのがアホらしくなり、
答えの出ない悩みを棚上げすることができました…。

実は、笑っているときは、自分攻撃は存在しません。

あなたが心から笑っているとき、腹を抱えて爆笑しているときは、
罪悪感や自己攻撃から解放されているのです。
深刻さを吹き飛ばしてくれるのは『笑い』なんです

『悲劇は喜劇に変わる』
という格言があるのですが、
どんなに辛いことも悲しいことも、本当に乗り越えることができたら笑いに変えることができます。

「あぁ私、あの時はあんなことで悩んでたな~、可笑しいわ~」
という具合に。

芸人さんなんかは、その辺とても上手ですよね。
自分の家がどれだけ不幸だったかとか、
貧乏で苦労したとか、いじめられていたとか、
全部笑いに変えていますよね。

全てを笑いに変えろ、とはもちろん言いませんが、
あの視点は見習うべきところがあると常々思っています。

深刻さを抱えているときに「笑う」選択肢をとりいれることができれば、
罪悪感の罠や自己攻撃にはまらないで済むかもしれませんね。

少しでもあなたの世界が広がりますように!
応援しています。

カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。