【お知らせ】

今月も参加します【心理学サロン】/『やさしさこそ強さ~男性性と女性性の物語』

心理学を学んでいくと、必ずでてくる『男性性女性性』。
これは、男でも女でも、心の中に男性的要素と女性的要素を持っているという意味で、この割合は人によって違います。

女性なんだけれど、すごく男らしかったり、
男性なんだけれど、すごくしなやかさを持っていたり。

心の中の男性性と女性性のバランスが、その人の「個性」となるのです。

どちらが良いとか悪いとか、それはありません。
ただ、どちらかに偏りすぎていたり、心の中で男性性と女性性が競争をしていたりすると、恋愛や対人関係にも影響してくるのです。

***

こんにちは、野村香英です

今日は7/16に開催される心理学サロンのご案内です。

2015年度から、ゲストカウンセラーとして参加させていただいています。
みなさまがたくさんの【気付き】を通して、無意識を意識化し自分の心の内側をどんどんと知る機会になりますように。

第6回【心理学サロン】『やさしさこそ強さ~男性性と女性性の物語』

日時:2015年7月16日(木)13:30~15:30
場所:渋谷区文化総合センター大和田 学習室2
料金:3,240円
ゲストカウンセラー:嶽きよみ野村香英松尾たか

第6回【心理学サロン】のお申し込みはこちら>>>>>>>

***

 

男性性の要素は、力強さ、責任感、目標に向かっていく力、地に足をつける(グラウンディング)、理論的、思考的、与えること、等々…。

 

女性性の要素は、柔らかさ、慈愛、感情・感覚、受けとる・受け入れる力、しなやかさ、等々。

 

どちらも、とても必要な要素がいっぱい詰まっています。

 

では。仮に『女性性過多』で、偏りすぎているとどうなるでしょうか?
時間が守れなくなったり、とても依存的になったり、地に足が着かずフワフワとした状態になるかもしれません。
そうなると、恋愛では過度に依存的になって上手くいかなかったり、仕事も転職を繰り返したり、ということが起こりうる可能性があります。

 

『あぁ私(僕)の心の中は女性性に偏りすぎているかな』
と思われたら、日々意識的に男性性を伸ばすように心がけることができます。
男性性が育てば、真の美しい女性性が手に入ってきます

 

そして、男性性と女性性に共通する要素は『やさしさ』だと私は思っています

 

男性の力強い包容力、守りぬこうとする力は、まさに『やさしさ』そのものです。
女性の柔らかい受け入れる力、愛してあげようとする姿勢は、まさに『やさしさ』そのものです。
この『やさしさ』を伸ばすことができると、『芯のある強さ』を手に入れることができる気がします。

 

自分の中の男性性も女性性も受け入れて、伸ばすことができると、もっと豊かで実りの多い人生になるかもしれませんね
応援しています。
カウンセリングのご案内

野村香英のカウンセリングを受けるには?

カウンセリングをご希望の方や詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの最新の予約状況については「スケジュール」をご確認ください。